文化的創造をもって豊かで住みよい私たちの郷土・箱根に貢献する
お問い合わせ
青年部LOG
青年部LOG
9月例会 町外視察 in 富士宮 
実施日時:2008年9月25日(木) 7時30分~17時00分
実施場所:富士宮市内
出席者  :青年部員 19名
事業担当:研修委員会
 
 これからの箱根の在り方や位置づけを会員の皆様に感じてもらう為に、行政と市民が一体となり、中心市街地活性化問題と富士山世界遺産登録に取り組んでいる富士宮市を訪問しました。
 最初に富士宮市役所を訪問し、富士宮市の概略・歴史・文化等を説明していただき、中心市街地活性化問題の解決手段として「富士宮やきそば」がクローズアップされた経緯とこれまでの活動及び今後の目指すべき方向  を田中課長からご説明をしていただきました。その後、富士山世界遺産登録について二俣川主査より、これまでの活動や今後の方向性をご説明いただきました。質疑応答の時には積極的に会員から質問があがり、改めてこの富士宮やきそばと富士山の存在感の大きさを認識したものとなりました。
 その後は、全国に1300余社ある浅間神社の総本宮「富士山本宮浅間大社」を参拝。実際に富士宮やきそばをお宮横丁にて堪能し、白糸の滝、富士山五合目を視察しました。車中や訪問する場所において会員同士で箱根との相違点やこれからの取り組むべき方向性などを大いに語り合える場となりました。
 
DSCF0512.jpg DSCF0522.jpg            

コメントする

PAGE TOP